会場で観る

国立文楽劇場

文楽発祥の地、大阪道頓堀にほど近い国立文楽劇場。
曽根崎の天神さん、生国魂神社など、観劇のあとは演目ゆかりの地が散策できる。

http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku.html

  • 文楽公演 1月、4月、7-8月、11月
  • 鑑賞教室 6月

写真国立文楽劇場地図


アクセス 〒542-0073
大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10
電 話 06(6212)2531(代表)  10時~18時
チケットお申し込み 国立劇場チケットセンター
0570(07)9900  10時~17時

国立劇場 小劇場

皇居の桜田濠を臨む閑静な場所に立地。
半蔵門、永田町から近く、敷居が高いなどということは決してない。気軽に伝統芸能が楽しめる。

http://www.ntj.jac.go.jp/kokuritsu.html

  • 文楽公演 2月、5月、9月
  • 若手公演 12月
  • 鑑賞教室 12月

写真国立劇場地図


アクセス 102-8656
東京都千代田区隼町4-1

東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線 「永田町駅」4番出口より徒歩8分
半蔵門線 「半蔵門駅」 1 番出口より徒歩5分
都営バス都03 「晴海埠頭―四谷駅」三宅坂下車徒歩2分
地下鉄堺筋線・千日前線「日本橋駅」・近鉄「日本橋駅」下車 7番出口より徒歩1分

電 話 03(3265)7411(代表)  10時~18時
チケットお申し込み 国立劇場チケットセンター
0570(07)99  10時~17時

技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR