錦秋公演 11月大阪

2015年11月10日更新

 

12049607_974953059230883_9216238690570780634_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天竺で人をだまし、唐で人をだまし、そして日本に渡り美女に化けて国を揺るがし、最後は殺生石で・・・。

10月31日初日の、錦秋公演の第二部、「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)(清水寺の段/道春館の段/神泉苑の段/廊下の段/訴訟の段/祈りの段/化粧殺生石)」は、久しぶりの登場。

「化粧殺生石」では九尾の狐が七役に替わる踊りを披露。
文楽で用いている白狐ではなく金色で九本の尾を持つ特別バージョンの狐様。
「かしらにも仕掛け満載。ただし、重いのが大変、千秋楽まで体力が持つか」というのは桐竹勘十郎さん(談)

文楽では、先代の玉男師匠が昭和49年に遣って以来ですから41年振りの上演。

これは必見でしょうね。

11月 文楽錦秋公演 国立文楽劇場

 

 

 




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR