杉本文楽欧州公演

2013年12月11日更新

 

杉本文楽ヨーロッパ公演 大評判!

 

20131012_192629

20131012_192517
お聞き及びかと思いますが、9月27日から10月19日に実施された杉本文楽 曽根崎心中の欧州公演は本当に大評判でした。各国とも連日満席となりメディアでの掲載も凄かったそうです。
聞くところによるとマドリードのカフェで携帯電話をロマの子供に盗まれてしまった技芸員の方もいらっしゃったようですし、海外ならではの体験も沢山あったようです。でも、何と言っても現地での大評判が嬉しいですね。パリでは街中文楽のポスターがあったそうで、日本での文楽認識とはレベルが違うリスペクトだったとの事です。

 

 

国際的に凄い評価を受けている文楽と我々は身近にいられる事は本当に幸運だと思います。海外での熱狂を素直に喜び、国内にあってもまだ知らない、評価出来ていない方への案内を、改めて頑張りたいと思わされたエピソードでした。

 

竹本文字久大夫さんから頂戴した現地での写真を掲載させて頂きます。一緒に喜びましょう。

 

この「杉本文楽」が凱旋公演を行います。

ご興味のある方はぜひお出かけ下さい。

 

概要はここ

http://www.odawara-af.com/jp/information/2013111320143.html

 

 

 

1381601327933

ルモンドと大満悦の文字久大夫さん

20131012paris777

パリの市立劇場 1000人以上のすり鉢上の客席の補助席も連日超満員になりました。

roma01

ローマ アルジェンティーナ劇場 6階最上階まで超満員の拍手喝采風景です。まさに怒濤のようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<杉本文楽 公演作品概要>

 

◦公演タイトル:『杉本文楽 曾根崎心中 付り観音廻り』

◦原作:近松門左衛門 『曾根崎心中付り観音廻り』(岩波書店『新日本古典文學大系』より改訂)

◦構成・演出・美術・映像: 杉本博司

◦作曲・演出:鶴澤清治

◦振付:山村若

◦映像:束芋、杉本博司

◦出演者:鶴澤清治、豊竹嶋大夫、桐竹勘十郎 ほか

【東京公演】

2014年3月20日(木)- 23日(日)全5公演予定

 

◦20日(木)19時

◦21日(祝・金)13時

◦22日(土)13時 / 18時 (2公演)

◦23日(日)13時

◦(上映時間2時間30分を予定。休憩時間含む)

 

◦会場:世田谷パブリックシアター 東京都世田谷区太子堂4-1-1

 

◦主催:公益財団法人小田原文化財団

◦協力:公益財団法人文楽協会

◦提携:公益財団法人せたがや文化財団世田谷パブリックシアター

◦後援:大阪府、大阪市、東京都世田谷区

◦助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

<チケット発売日>

 

◦2014年1月上旬 先行予約開始予定

◦2014年1月26日(日)一般発売開始予定

◦チケット料金: A席 9,000円、B席 6,000円

【大阪公演】

2014年3月28日(金)- 30日(日)全3公演予定

 

◦28日(金)19時

◦29日(土)13時

◦30日(日)13時

(上映時間2時間30分を予定。休憩時間含む)

 

◦会場:フェスティバルホール 大阪市北区中之島2-3-18

◦主催:公益財団法人小田原文化財団

◦協力:公益財団法人文楽協会・フェスティバルホール

◦特別後援:大阪府、大阪市

<チケット発売日>

 

◦2014年1月上旬 先行予約開始予定

◦2014年2月1日 一般発売開始予定

◦チケット料金:S席 9,000円、A席 7,000円、B席 4,000円、BOX席 12,000円

◦※チケット発売に関する詳細は、決定次第HP上にて順次更新いたします。




技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR