9/3文楽鑑賞講座 文楽に行こう!

2013年8月27日更新

 

0abbf6106d0193e705d1867db99b0153初心者のかた大歓迎!

 

 

文楽は、もとはといえば庶民の娯楽。けして敷居の高いものではありません。

 

18時半開演ですので、ビジネスマンにもゆっくりご覧いただけます。この機会にぜひ文楽初体験をおススメいたします。

 

 

プログラムは、、

・9月公演の演目「伊賀越道中双六」をわかりやすく解説
・文楽三業(大夫・三味線・人形)を実践を交えての解説
・お客様参加コーナー
・実演 「伊達娘恋緋鹿子」より火の見櫓の段
・出演者とのアフタートーク

 

初心者ののかたにも、既に文楽を楽しんでいるかたにも楽しめるよう、鑑賞講座を楽文楽がお届けけします。

文楽を見たことがないという方が周りにいらっしゃいましたら、ぜひお連れ下さい。

 

 

日時 9月3日(火)18時30分開演

会場 赤坂区民センター区民ホール

料金 3,000円

出演 豊竹芳穂大夫、野澤喜一朗、豊澤龍爾、桐竹紋臣他の皆さん

 

ご予約お問い合わせ

 

カンフェッティ予約センター、または、楽文楽事務局へお願いいたします。

楽文楽事務局//   labunraku@wa-is.co.jp

*港区在住・在勤の方はKissポート財団へご予約下さい。割引があります。

※番外※楽文楽会員の方は終演後に出演者との懇親会(有料)を参加できます。

ただいま、楽文楽にご入会頂くと、このイベントにご招待いたします。

詳細は、楽文楽サイトをご覧ください。

 




技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR