7/7 第一回近松文楽

2013年5月28日更新

 

近松ゆかりの地で近松文楽を開催。chirashi omote
第一回目は俊寛です。

独自の町興しを展開中の山口県長門市。

会場となるルネッサながとは船底やぶん回しの床を持つ文楽の機能を配置した数少ない劇場。
今後も近松の演目に挑戦されるそうです。

平成25年7月7日(日)
11時20分開演

会場 山口県立劇場ルネッサながと
一、講演 鳥越文蔵氏
二、素浄瑠璃「嫗山姥」豊竹呂勢大夫 竹澤宗助 鶴澤清志郎
三、三業の解説
四、「平家女護島 鬼界が島の段」
千鳥 吉田簑助 俊寛 桐竹勘十郎
太夫 竹本千歳大夫 三味線 鶴澤燕三 他の皆さん

近松のあれこれで終日楽しめますね。

オフィシャルサイト

 




技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR