曾根崎心中

2013年5月10日更新

 
DSC01539

露天神社(お初天神)
お初徳兵衛ブロンズ像

(いく)玉社前(だましゃぜん)天満屋(てんまや)(てん)神森(じんのもり)の段

 

「主な登場人物」

 

(はつ)   大坂・堂島(どうじま)新地(しんち)にある天満屋の遊女。

(とく)兵衛(べい)  醤油屋・平野屋の手代。

()(へい)()  油屋の主人で徳兵衛の友人。

 

「あらすじ」

 

お初と徳兵衛は馴染みを重ねた深い仲。しかしここのところ、お初のいる天満屋に足を運んでいなかった徳兵衛で、生玉神社で偶然、徳兵衛と出会ったお初は不満を漏らす。

徳兵衛には気懸かりなことがあった。いきさつはこうである。伯父の主人から「姪と夫婦にならないか、持参金も持たせてやるぞ」と縁談を勧められた。しかし徳兵衛には恋しいお初がいたので、それを断るつもりでいた。ところが、強欲な徳兵衛の継母が勝手に話を進め、主人から持参金を受け取ってしまったのである。

持参金を返さねば縁談は断れない。ようやく金の工面をしたが、今度は友人の九平次から借金を申し込まれ、徳兵衛は大切な金を貸してしまったのだ。この九平次が悪い奴でなかなか金を返さず、主人への返済期日も迫っていた。

そんな折、生玉神社に九平次がやって来る。酒を飲んでご機嫌の様子。いらだった徳兵衛は借金の返済を迫るが、九平次は「金など借りた覚えはない」と空とぼける。「手形に押した判は紛失したもので役所にも通知済み、おまえの持つ借用証文は偽造したものだ」と言い張る。九平次の計画的な犯行だった。徳兵衛は力づくで取り返そうとするが、かえって散々に打ち負かされ、一人男泣きする。

お初の店・天満屋でも、生玉での事件がささやかれ、お初は心を痛める。そこへ徳兵衛が現われ「もう平野屋への返済も出来ず、世間の信用も失った。こうなっては生きてはいられない」と口にする。

そこへまた悪者の九平次が現れ、お初の前で徳兵衛をなじる。我慢のならないお初は反論しながら、縁の下に隠した徳兵衛に「今宵一緒に死ぬ」という心中の覚悟を伝える。そして二人は店を抜け出し、曽根崎の天神森で命を絶つ。

 

「ここを観て・・聴いて・・・」

 

それまで人形浄瑠璃の物語が、歴史や伝説を元にした「時代物」ばかりだった頃、新たに“現代劇”として描かれたのが「世話物」で、その記念すべき世話物第一作が、近松門左衛門の『曽根崎心中』だった。

しかし意外にも、江戸の初演で大当たりをとったこの作品も、その後は“心中物禁止令”などで上演が絶え、現在の形で復活したのは近年、昭和三十年になってから。

世話物は実在の事件をモデルにしているのでリアリティがある。劇中“ニセ証文”のからくりが使われるなど、いかにも商人の町・大坂らしい展開である。しかし単なる“ニュースねた”の作品に終わらず、最後の心中場面、「道行」と呼ばれるところでは「この世の名残り、夜も名残り、死にに行く身をたとふれば~」と続くところは“七五調の美文”で綴られ、このことから近松は、劇作家ならぬ“劇詩人”であるとも呼ばれている。

 

◎ 人形遣いの目からも・・・

 

感動の場面は、やはり最後、天神森の段。「早う殺して殺してと、覚悟の顔の美しさ」で目をつぶり合掌するお初。そのお初の人形遣い、人間国宝・吉田簑助師の目からも一筋流れるものを見て、胸が熱くなったことがあります。

( 了 )

 

 

DSC01540

露天神社(お初天神) 大阪曾根崎


なまえ
高木 秀樹   たかぎ・ひでき
文楽研究家。
文楽、歌舞伎の同時解説放送、イヤホンガイド解説者。
日本舞踊や歌舞伎公演などの制作にも携わる。NHK教育テレビ「文楽鑑賞入門」講師。歌舞伎・文楽の劇場中継、副音声解説担当。


技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR