寿式三番叟

2013年4月20日更新

 

『寿式三番叟』(ことぶきしきさんばそう) 景事

 

image

切り絵 杉江みどり

「主な登場人物」

翁   神のごとき存在。

千歳  青年の感覚。

三番叟  二人いて真面目男とひょうきん者。

 

「あらすじ」

このタイトルは「寿」と「式三番叟」が合わさったもの。「寿式」ではない。

「寿」つまり、「おめでたい式三番叟」という意味。この「式」が大切で、儀式性があることを示す。能楽でも特別なものとされる『翁』を移したもので天下(てんが)泰平(たいへい)国土(こくど)安穏(あんのん)の祈りが込めて舞われる。そうしたことから、特別な行事以外は、年のはじめの正月公演で上演されるのがほとんど。

翁の大切な文章を上げてみよう。「万代の池の亀は甲に三極を戴いたり…」。“三極”とは天地人のこと。万年も生きる亀は天地人の調和の元に成り立っている…。

「滝の水麗々と落ちて夜の月あざやかに浮かんだり…」。そうした調和のとれた世界の元で水に月が映る…。水面に月が映るということは、水に波風が立っていない穏やかな状態で、世の中も平穏無事ということ。

「渚の(いさご)さくさくとして、あしたの日の色を(ろう)す。天下泰平、国土安穏の今日(こんにち)のご祈祷なり…」。わたくしが願うことは国土安穏・天下泰平、これがすべてである…。

そしてこのあと、長久円満・息災延命の祈りも加わり翁の舞は終わる。こうした儀式性のある翁の舞が終わると、そのあとは開放感があり躍動的な三番叟のくだりとなる。翁が“神の領域”とすれば、三番叟は“人間”を現すのだろう。五穀豊穣・子孫繁栄などの願いを込めた三番叟の賑やかな舞の内、お(ひら)きとなる。

 

「ここを観て・・・聴いて・・・」

この作品は時間にして四十分。踊りの一幕、文楽ではこれを“景事~けいごと”または“景事物~けいじもの”というが、それらの中で四十分というのはかなり長い部類。

三番叟のくだりは楽しんで観ていられるものの、翁の舞いは根をつめて観ていると疲れてしまうかも。しかし「あらすじ」に上げたように大変ありがたい内容なので、その意味を知っていれば、きっと幸せに満ち溢れた感覚になるでしょう。

 

◎ これも景事

景事では他に『蝶の道行』『小鍛冶』『紅葉狩』『釣女』などが、よく上演されます。歌舞伎十八番の一つ『勧進帳』の文楽版もあり、これも景事の作品です。

( 了 )


なまえ
高木 秀樹   たかぎ・ひでき
文楽研究家。
文楽、歌舞伎の同時解説放送、イヤホンガイド解説者。
日本舞踊や歌舞伎公演などの制作にも携わる。NHK教育テレビ「文楽鑑賞入門」講師。歌舞伎・文楽の劇場中継、副音声解説担当。


技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR