4/20 そうだ、文楽に行こう。レクチャー付き観劇会

2013年4月2日更新

 

☆そうだ、文楽に行こう。0bf6bd2b68e536cc6c68915bed42c3e0

NPO文楽座がお届けする観劇会です。比較的、文楽鑑賞歴の少ない方に、気軽にご参加いただけるよう、観劇の直前にあらすじや聴きどころ、見どころをお話させていただく企画です。

レクチャーの担当は、第2部『心中天網島』大和屋の段に出演する鶴澤燕三です。出演者ならではの観劇のポイントをたっぷりとお話しますので、ぜひこの機会に文楽劇場に足をお運びください。

チラシには、お申込締切を2月27日(水)としておりますが、まだ定員までに余裕がございますので、お申込を受け付けております。

お申込の際は、氏名、ご住所、お電話番号と「4/20観劇会参加希望」とお書き添えの上、FAXまたは郵便にてお申込ください。

 

 

そうだ、文楽に行こう。

開催日:2013年4月20日(土)

レクチャー:15時~16時

観劇:16時30分より第二部観劇

会場:国立文楽劇場

料金:5,800円(レクチャー参加費、観劇チケット一等席代含む)

オフィシャルサイト

http://www.bunrakuza.com/events/568.html




技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR