文楽っ?「人間・人形 映写展」渡邉肇×堀部公嗣

2013年2月22日更新

 

近松門左衛門の名作「曽根崎心中」。A003_C006_0904CW

お初・徳兵衛の人形が生き生きと動く様子を、ハイスピードカメラや3Dカメラで捉えた映像作品と、曾根崎の森をイメージにした風景写真、そして音楽プロデューサー緑川徹のオリジナルBGMとの相乗効果により、まるで江戸時代の曾根崎の森にタイムスリップした臨場感が体験できます。

 

日本の美しい古典芸能の世界を、最新のビジュアルテクニックで再現する「人間・人形 映写展」へぜひお越し下さい。

 

 

 

*******************************************************************

日時:2013年2月25日〜3月9日

場所:表参道ギャラリー5610 港区南青山5-6-10 5610番館

入場無料 11時〜18時 期間中無休 電話:03−3407−5610

*******************************************************************

 

人間・人形映写展News Release

 

 




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR