文楽に行こう Vol.3

2015年8月20日更新

 
文楽へ行こう3finish_page001
今年も、「文楽に行こう」を開催いたします。
若手中心に文楽のイロハをお伝えしておりますが、
今回は文楽の景事、舞踊劇を取り上げました。
大夫、三味線の音楽性に加え、人形の表現をどのように工夫するかなど、実演を交えながらの楽しい会です。
ぜひ、文楽が初めてという方をご一緒されて、お楽しみ下さい。
・―・―・—・―・―・—・―・―・—・―・―・—・
 文楽に行こう VOL.3
・―・―・—・―・―・—・―・―・—・―・―・—・
日時:平成27年9月23日(祝・水) 13:30開演(開場13:00)
会場:赤坂区民センター区民ホール
料金:3,500円(楽文楽会員 3,000円)
出演:豊竹芳穂大夫 野澤喜一朗 豊澤龍爾
    吉田勘弥 桐竹紋臣 吉田玉翔 他の皆さん
プログラム:
    景事 花競四季寿より「万歳」「鷺娘」、素浄瑠璃の解説 等
【ご予約】
●カンフェッティチケットセンター
0120-240-540
前方のブロックがキープされています。
●Kissポート予約センター
03-5413-7021
港区在住、在勤、在学のかたのみ
●楽文楽会員の方は、楽文楽事務局へ
こちらでのブロックは50席ほどしかございませんので、ご了承下さい。

※お問い合わせ

主催 株式会社わいず 045-620-8336




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR