女義LIVE !

2015年4月29日更新

 

楽文楽(らぶんらく)が応援するLIVE 女流義太夫編

粋でお洒落な じょぎLIVE150305_jyogi_A4_tate omote

 

 

 

 

 

 

明治大正期の歌舞音曲芸能の中心であり、学生たちの憧れの的だった女流義太夫の定席寄席を四谷荒木町で再現。100年以上も昔の、伝統とモダンが融合した、旧くて新しい東京の文化。

女流義太夫をたっぷりご堪能頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日時】平成27年6月6日(土) 〈15時開演 14時半開場〉

第一部

菅原伝授手習鑑 車曳の段 竹本京之助 鶴澤三寿々

生写朝顔話 浜松小屋の段 竹本越孝 鶴澤弥々

第二部

技芸員さんとのトーク・ライブ   ※17時終演予定

 

【会場】四谷荒木町 橘家(たちばなや)

160‐0007新宿区荒木町11 橘家ビル

【木戸銭】3,000円(自由席) 定員40名様

【ご予約】下記URLよりご予約下さい。

http://rsv.labunraku.jp/reservation/reserve/code/0606

【お問い合わせ】楽文楽(らぶんらく)事務局まで  office@labunraku.jp

【企画制作主催】女流義太夫を応援する会有志一同

【後援】楽文楽運営委員会  文楽ポータルサイト楽文楽 http://labunraku.jp/




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR