初春文楽公演

2014年12月29日更新

 

A4???1410162015年1月3日(土)~2015年1月26日(月)

国立文楽劇場

 

国立文楽劇場開場30周年記念
初春文楽公演

 

 

 
第1部 午前11時開演
花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)
万才・海女・関寺小町・鷺娘

彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)
杉坂墓所の段/毛谷村の段

義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
道行初音旅

第2部 午後4時開演
日吉丸稚桜(ひよしまるわかきのさくら)
駒木山城中の段

冥途の飛脚(めいどのひきゃく)
淡路町の段/封印切の段/道行相合かご

【1等席】一般6,000円・学生4,200円
【2等席】一般・学生とも2,400円

国立劇場チケットセンター (午前10時~午後6時)
TEL. 0570(07)9900
TEL. 03
(3230)3000 〔一部IP電話等〕

 

タイムテーブル

配役

 




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR