人間、やっぱり情でんなぁ 竹本住大夫

2014年10月7日更新

 

「人間、やっぱり情でんなぁ」

人間、やっぱり情でんなぁカバー

 

 

楽文楽のインタビューもさせて頂き、今年89歳で引退なされた住大夫師匠が素敵なご本を上梓されました。
本の中でこのようにおっしゃっています。「浄瑠璃はこころで語るもんです」

ぜひご一読を!!

 

 

<本書の内容>

今年 5月に 引退した文楽大夫・人間国宝の竹本住大夫さん。大阪での引退公演は、国立文楽劇場がはじまって以来の入場者2万9000人を記録。引退の模様は大きなニュースとなりました。

 

このたび舞台を降りてはじめて、修業68年の芸真髄を語ります。戦後、組合問題がもとで文楽二派に分裂した時代の窮乏生活。橋下徹大阪市長と補助金問題で交渉のさなか、脳梗塞に倒れ浄瑠璃でリハビリをつづけたこと。それでも、偉大な先人たちの存在と「文楽が好きで好きでたまらん」から続けてこられた――やわらかな大阪弁で、温かく時に厳しく語られる住大夫さんの人生はそのまま、仕事や生き方に悩む次世代へのメッセージでもあります。

 

 

「若いうちは裕福になったらあきまへん」

「成ってもらんでも、一生賭けるから修業です」

「テープやビデオは、悪いとこを叱ってくれまへん」

この秋に満90歳を迎えられる住大夫さんは、日本人と文楽のこれからに ますます熱くエールを送られています。

 

【目次】

第一章 春のなごりに ~引退まで

第二章 師匠、先輩、弟子 ~修業とリハビリの日々

第三章 貧乏には勝たなあかん ~三和会の長い旅

第四章 デンデンに行こう ~私が育った戦前の大阪

第五章 文楽道場に生きる ~教えること・教わること

第六章 そして文楽はつづく

ええ星の下に生まれましたなぁ ~あとがきにかえて

 

著者プロフィール

竹本住大夫

大正13年、大阪市生まれ。

人形浄瑠璃「文楽」大夫(昭和21~平成26年)。

重要無形文化財保持者(人間国宝)・文化功労者・日本藝術院会員。

平成26年、文楽大夫の史上最高齢となる 89 歳で引退。惜しまれつつ68年の大夫人生に幕を引いた。

「死ぬまで稽古、死んでも稽古」の精神で、「文楽の鬼」とも呼ばれることも。現在は後進の指導にあたっている。

10月15日発売




技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR