卅三間堂棟由来

2014年7月23日更新

 

卅三間堂棟由来

第29回文楽鑑賞教室 表

さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい

時代物 平(へい)太郎(たろう)住家(すみか)から木遣音頭の段

 

「主な登場人物」

横(よこ)曽根(そね)平(へい)太郎(たろう)=お柳の夫で前世は梛(なぎ)。

お柳(りゅう)=平太郎の女房で前世は柳。

みどり丸=平太郎とお柳の子。

 

「あらすじ」

名前に柳の文字が見えるが、女房お柳は人間ではなく、実は柳の木の精だった。話は前世にさかのぼる。熊野特有の梛の木、それと柳の木が互いの枝を伸ばして絡み合う「連理」の状態になっていた。この連理の形は男女の交わりにも似たもので、その光景を見た修験者の蓮華(れんげ)王坊(おうぼう)は、行場の穢れであると二本の枝を切り離した。

梛の木はその後、現世で人間の横曽根平太郎に生まれ変わったが、柳の木は人間に生まれ変わることが出来ず、そこで柳の精は、元の梛の木こと、人間となった平太郎の妻になろうと、お柳という人間に姿を変えた。

 

その平太郎とお柳が夫婦になって五年、みどり丸という子供も生まれ幸せな生活を送っていたが、ここに思いがけないことが起きる。都にいる白河法皇には頭痛の病があった。その法皇こそ、梛と柳を切り離した蓮華王坊の生まれ変わりで、王坊は二つの木の恨みで非業の最期を遂げていた。そして亡くなった王坊のドクロは楊枝村の柳の木に留まり、柳が揺れる度に法皇は頭痛の病を起こした。そこで病を取り除く為、柳の木を切り倒しドクロを納めるお堂、三十三間堂(蓮華王院)の棟木(むなぎ)にすることにした。女房お柳は柳の木の精なので、柳が切り倒されてしまえば、お柳も死んでしまう。

外の柳に斧が入れられると、家のお柳も苦しみだす。もう時がない。お柳は自身の秘密を打ち明け、そして所持していたドクロを夫に渡し、これを都に持参して出世して欲しいと話す。ついに、お柳は姿を消す。切り倒された柳は、都へと曳(ひ)かれていった。

 

「ここを観て・・・聴いて・・・」
人間以外のものが、人間と夫婦になるものとして、他に『芦屋道満大内鑑』の狐葛の葉がある。それは動物だが、ここでは柳という植物であるところが珍しい。しかし物語では、人間となんら変わらない夫婦親子の情愛が語られる。またそれだけでなく、仏教的な前世や現世に因縁などという話が加わり複雑だが、これがないと、単なるお涙頂戴ものになってしまう。
◎ 柳の大木が人間に見えて
切り倒された柳を人足たちが曳く時に歌うのが木遣音頭で、これは「和歌の浦には名所がござる、一に権現、二に玉津嶋・・・」と続く耳に心地良いものだ。この柳ことお柳が、熊野を離れることを悲しみ、人足がいくら曳いても大木が動かなくなると、今度はみどり丸が一人で曳き、木遣音頭は前と同じ節を、ゆっくりと悲しげに平太郎が歌う。「むざんなるかな幼き者は、母の柳を都へ送る・・・」。すると柳が動き出し、みどり丸は「こりゃ俺がかか様か」と大木に縋りつく。たとえ相手が木でも正に親子の別れで、観ているこちらは、胸が熱くなる。
( 了 )

 

 

 

 


なまえ
高木 秀樹   たかぎ・ひでき
文楽研究家。
文楽、歌舞伎の同時解説放送、イヤホンガイド解説者。
日本舞踊や歌舞伎公演などの制作にも携わる。NHK教育テレビ「文楽鑑賞入門」講師。歌舞伎・文楽の劇場中継、副音声解説担当。


技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR