「伊賀越道中双六」の魅力 「岡崎」を中心に⑨

2013年11月25日更新

 

2013年9月25日 犬丸治FBより転載。

国立小劇場・文楽「伊賀越道中双六」第八「岡崎」。
お谷(右)が癪に苦しみながらの悲痛な述懐のあと「癪と寒気に閉じられて」と気絶する件で、杉山其日庵(茂丸)は「浄瑠璃素人講釈」の中で、名人竹本大隅太夫が語ったとき「大隅太夫と云う人間はおらぬようで、浄瑠璃ばかりが満場に漂うようになっていた」と言っています。
同じ経験を、私は豊竹山城少掾・四代目鶴澤清六の「岡崎」のCDでしました。
ようやく気がついたお谷に政右衛門(左)が呼びかける一言、「必ず死ぬるな」。
「かァなァらァずゥ…、しーぬーるーなぁああああっ!!
これは、もはや浄瑠璃とか大夫の声などという生半可なものではなく、地鳴りのように沸き起こり、私の脳天を唐竹割りにしました。恐ろしい「芸」です。

さかのぼると、癪で気絶したお谷を見かねた幸兵衛女房が気付け薬を与えようとしますが、これも政右衛門は止めます。無論お谷を内に入れ身元が露顕したら、股五郎への手がかりを喪うという苦渋の判断です。
老母は仕方なく、乳を探って不憫な、お谷が抱いた赤子だけ凍死せぬよう中に迎え入れます。
政右衛門は
「奥口見廻し差し足し、勝手は見置く釜の前、付木の明り見咎めて、人は何とかいい柴を、そつと隠して門の口、伏したる妻に気をつくる、柴の焚火の暖まり。噛みしめる歯を押し割つて、雪にうるおす気付の一滴、耳に口寄せ」と様子を伺い、お谷を呼び生けます。
「『お谷、お谷やあい』と言うも憚りて、心の内で呼び生ける。夫の誠通じてや『うん』と一声、『気がついたか、コリヤ女房、女房やーい』『ハア、ムヽヽヽヽ、政右衛門殿』」

政右衛門はお谷を「女房」と呼んでいますね。
ままならぬ世のならいで、やむなく二人は離縁しましたが、心は確かに夫であり女房なのです。
ここに「世のならい」という封建的擬制を超えた、ひとりの人間としての夫婦愛があります。
「コリヤなんにも言うな。敵の在所手ががりに取り付いたぞ。
この屋の内へ身共が本名、けぶらいでも知らされぬ大事のところ、そちがいては大望の妨げ、苦しくとも堪えて一丁南の辻堂まで、這うてなりとも往てくれい。
吉左右を知らすまで気をしつかりと張り詰めて、必ず死ぬるな。サア早う行け、行け」。
「コリャなんにも言うな」からは、一息で言ういわゆる「タテ詞」で、タッタッタッと早い足取りで言います。「熊谷陣屋」の弥陀六が見顕わされて「テモ恐ろしい眼力じゃよなあ」となるところもそうです。
そして、この「必ず死ぬるな」は、妻子が外で凍死しようとしているのをみすみす知りながら、老母をはばかって名乗るに名乗れず堪え続けてきた政右衛門が、「未練なことじやが私も、この子を夫に渡すまでは生きていたい、生きていたい、死にともない」という最愛の女房・お谷への、夫として、巳之助の父としての激情の発露だったのです。
平凡なコトバのようですが、平凡は作者・演者の手腕でいつでも「非凡」に転じるのです。

 


なまえ
犬丸 治   いぬまる・おさむ
演劇評論家
 1959年東京生れ。慶應義塾経済学部卒。
「テアトロ」「読売新聞」に歌舞伎評掲載。歌舞伎学会運営委員。著書「市川海老蔵」「歌舞伎と天皇 『菅原伝授手習鑑』精読」(いずれも岩波現代文庫)ほか。


技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR