「伊賀越道中双六」の魅力 「岡崎」を中心に④

2013年11月11日更新

 

2013年9月20日 犬丸治FBより

国立小劇場・文楽「伊賀越道中双六」も、最大の聴かせ場・見せ場である第八「岡崎」へと移ります。
実説の荒木又右衛門らは、渡辺数馬とともに艱難辛苦伊賀上野で宿敵河合又五郎を討つわけですが、別に東海道を順次西上していたわけではありません。
それを「道中双六」、つまり「旅」に見立てたところに、名作者近松半二の絶筆にふさわしい着眼と枯淡があります。「道中双六」は、行先を「賽の目」という偶然性に託します。人生も同じです。
「知るも知らぬも逢坂の関」という蝉丸の歌や「奥の細道」のように、人生を旅に重ねる日本人の感覚もそこに重なります。

私も経験がありますが、旅先で、普通でも滅多に会わない知人と偶然出くわし、これは、と驚く経験がありますね。
永い事はなれ離れになっていた親子兄妹が、残酷なかたちで邂逅する「沼津」と並んで、この「岡崎」も、そうした人生の不思議さを凝縮しているのです。
岡崎の町外れ、雪のちらつく夜中、関役人を勤める半士半農の一徹老人・山田幸兵衛のもとに、和田志津馬・唐木政右衛門・その妻お谷という三人が運命の糸で引き寄せられ、様々な伏線のあと、見事決着が着く。浄瑠璃作者の非凡を思わずにはいられません。

「岡崎の段」と一口に言っても、二時間強の全曲は「中」と「切」の二部構成です。
最近はさらに「中」「切」をそれぞれ二人に語らせていて、今月も「中」を芳穂大夫・清馗、「次」として呂勢大夫・宗助、「切」が嶋大夫・富助、「奥」が千歳大夫・團七です。

「中」の出だしは、
「急ぎ行く。世の中の、苦は色かゆる松風の、音も淋しき冬空や、霰交りに降り積る、軒もまばらの離れ家は、岡崎の宿はづれ、百姓ながら一理屈、主は山田幸兵衛と人も心を奥口の、障子隔てて女房が紡ぐ車の夜職歌(よなべうた)」。
この「霰交じりに」で、まだ無人の舞台に語りと三味線で景色を描きます。
ここで一転、奥で糸車を使う幸兵衛女房が唄っている歌になります。
「いとし殿御を三河の沢よ、恋の掛け橋杜若、更けて忍ばば夜は八つ橋の、水も洩らさぬお手枕」。
この作では、このあともこの鄙びた女房の歌が重要な役割を果たしていきます。
「鄙も都も小娘の、誰が教えねど恋草を、見初め惚れ初め打ちつけに、雪の夜道の気散じは互いに手先持ち添ゆる。傘の志津馬に縺れ合う、ぢやらくら話いつの間に、戻るお袖がわが家の戸口」で、下手から藤川の関を抜けた和田志津馬と、茶屋娘で山田幸兵衛の娘お袖がひとつ傘で出てきます。
という訳で、ここを通称「相合傘」というのです。


なまえ
犬丸 治   いぬまる・おさむ
演劇評論家
 1959年東京生れ。慶應義塾経済学部卒。
「テアトロ」「読売新聞」に歌舞伎評掲載。歌舞伎学会運営委員。著書「市川海老蔵」「歌舞伎と天皇 『菅原伝授手習鑑』精読」(いずれも岩波現代文庫)ほか。


技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR