「伊賀越道中双六」の魅力③ 「岡崎」を中心に

2013年11月5日更新

 

9月19日 犬丸治Facebookより

国立小劇場・文楽「伊賀越道中双六」・第二部「藤川新関」。
きのうもお話したように、この狂言は全編通して質実剛健、骨太な筋です。「道行」すらありません。考えて見れば、「道中双六」というぐらいで、狂言自体が長大な「道行」なのかもしれません。
そこで客の肩ほぐしにと、助平の遠目鏡の先に見えた、という設定で浄瑠璃本文にはない景事(所作事)をはさむことが最近の通例です。例えば、「団子売」。今月は「寿柱立万歳」で、太棹の連弾きになるとさすがに気持ちの良いものです。
歌舞伎でも、通し狂言のとき、狂言を真ん中で分けて、中幕に舞踊を挟むことがよくありました。私も昭和四十七年三月国立「扇音々大岡政談」(おうぎびょうし・おおおかせいだん 天一坊)で、水戸綱條卿を演じていた梅幸が中幕で「鏡獅子」を踊ったのを観たことがあります。老女が多賀之丞、胡蝶は小米といった今の門之助、岡村青太郎・今の清元延寿太夫でした。私の「鏡獅子」初体験です。

さて、舞台は再び新関に戻ります。助平から関所の切手(通行証)と沢井股五郎の手紙を手に入れた志津馬は、父が関所の下役を勤めているお袖の手引きで、股五郎をたずね岡崎へと向かいます。
ここから「竹薮の段」になります。
場面は変わりませんが、下手から女ものの乗物(駕籠)に偽装して、沢井股五郎がやってきます。
彼は、誉田家での奉書試合で政右衛門と立会い、逆に非力を見顕わされて追放された桜田林左衛門を頼り、九州相良へ逃亡の途中です。
駕籠が去ると、林左衛門とこの地のごろつき蛇の目の眼八がやってきます。
蛇の目の眼八は、続く「岡崎」でも登場する狂言廻しですが、林左衛門から、股五郎を追って和田方が来ないかどうか、監視探索を命じられているのです。

この二人が去った影を追ってきたのは、鎌倉飛脚にやつした唐木政右衛門ですが、すでに時遅く、関所の門はぴしゃりと閉ざされてしまいます。
林左衛門がいるまらば、その先に股五郎がいるに違いない。いま関を抜けねば、敵の在り処はもはや知れぬ。
政右衛門は雪の竹薮の抜け道に踏み込んでいきます。

ここは、雪の積もった竹薮の闇の簡潔な装置の中を、政右衛門が捕手と駆け引きしながら黙々と進んでいくだけですが、実にピンと張り詰めた、緊張感に溢れた場です。
政右衛門の腹掛の文字は「文」ですが、戦後まもなくまでは「荒木又右衛門」をきかせて
「又」の字だったそうです(吉田玉男「文楽芸話」)。
今月の玉女も堂々たる出来ですが、十五年前東京での通しの時、その師匠である故・吉田玉男が遣った政右衛門の、文七人形の立派さが今でも瞼にあります


なまえ
犬丸 治   いぬまる・おさむ
演劇評論家
 1959年東京生れ。慶應義塾経済学部卒。
「テアトロ」「読売新聞」に歌舞伎評掲載。歌舞伎学会運営委員。著書「市川海老蔵」「歌舞伎と天皇 『菅原伝授手習鑑』精読」(いずれも岩波現代文庫)ほか。


技芸員インタビュー
吉田幸助
吉田幸助インタビュー(聞き手/楽文楽編集長渡辺幸裕)・・・□□□□□□第三回(2017/05/01)・吉田幸助さんへのインタビュ...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR