「伊賀越道中双六」の魅力 「岡崎」を中心に②

2013年10月30日更新

 

2013年9月18日犬丸治FBから。

(9月)国立小劇場・文楽「伊賀越道中双六」。

第三「円覚寺の段」のあと、原作では第四「郡山宮居の段」となり、大和郡山の誉田家(「こんだ」と読みます。実説の本多家)に仕官している唐木政右衛門とお谷の物語に移ります。
しかし今月の文楽、十一月の国立劇場の歌舞伎でもこの場は出ず、すぐに第五「郡山屋敷の段」(いわゆる「饅頭娘」)・同切「誉田家大広間の段」(「奉書試合」)へと移ります。
この場については、十一月の歌舞伎の時に詳しく申し上げますが、妻のお谷が父行家に勘当されているため、義弟志津馬の助太刀が出来ない政右衛門は、ある「奇手」を使ってお谷を離縁します。
この苦衷が第八「岡崎」へと続いていくのです。

さて、今月の文楽は第六「沼津」で昼の第一部を終えます。この場は余りに有名なので、
これまた十一月に譲りたいと思います。

夜の第二部は、「岡崎」というメインディッシュがどんと据えられています。
以後この「岡崎」に向けて話を進めていきますが、まずは第七「関所の段」。
この「伊賀越」という芝居、全編男性的で沈鬱重厚、骨太な作です。
そこで作者の近松半二が「息抜き」にと考えたのが、この「藤川新関」、俗に「遠目鏡」という場面です。

十兵衛の印籠で刀傷も癒えた志津馬は、藤川新関で政右衛門を待つうち、茶店の娘のお袖に惚れられてしまいます。
ここに、飛脚の助平が通りかかり、監視用の遠眼鏡で覗いているすきに、志津馬は助平から、関所の切手と股五郎が山田幸兵衛に宛てた手紙を手に入れ、お袖の協力で一路岡崎をめざします。
と書いてしまえばそれだけですが、ここは飛脚の助平が存分に働き笑わせる「チャリ場」です。歌舞伎も文楽も、喜劇は一割もありません。ほとんどは悲劇です。
しかし、その悲哀を際立たせるために、喜劇的な局面、趣向を取り入れるのです。
「朝顔話」の「笑い薬」とか、「桂川・帯屋」で義弟の儀兵衛が丁稚の長吉に笑いを堪えるところですね。

ここでは、助平が「茶の字尽くし」のセリフ(歌舞伎から逆輸入)やら、遠目鏡で一里先の吉田の茶屋の二階を覗いて馴染みの女の浮気にヤキモチを焼くわけです。
今月は紋寿休演で勘十郎が昼平作、夜幸兵衛と並んで勤めています。
原作では、引用しにくい際どいコトバが書かれていて、おそらくアドリブでももっと突っ込んだのでしょう。
「新薄雪」の花見の遠目鏡もそうですが、歌舞伎や文楽では、遠目鏡に舶来の憧れと同時に艶笑の小道具としての役割を付け加えたが面白いところです。
歌舞伎でも、昔は手練のワキ役が演じて沸かせたのですが、「岡崎」が出てのこの場なので、四十年以上出ていません。


なまえ
犬丸 治   いぬまる・おさむ
演劇評論家
 1959年東京生れ。慶應義塾経済学部卒。
「テアトロ」「読売新聞」に歌舞伎評掲載。歌舞伎学会運営委員。著書「市川海老蔵」「歌舞伎と天皇 『菅原伝授手習鑑』精読」(いずれも岩波現代文庫)ほか。


技芸員インタビュー
六世鶴澤燕三師匠に聞く床コン
2013年12月に第一回の床だけコンサート(床コン)が行われ、その後、燕三師匠のご病気もあり9月19日(火)に4年ぶりの開催が決...

続きを読む

犬丸治のコラム
新・玉男襲名に寄せて
吉田玉女が、まさに「満を持して」師の名跡「吉田玉男」の二代目を襲名する。玉女から玉男へ。師が「早く男になるように」とつけた芸名の...

続きを読む

高木秀樹の耳より文楽
玉藻前曦袂
玉藻前曦袂(たまものまえ・あさひのたもと)この物語は全五段の構成で、まず天竺・インドから始まり、そして次が唐土・中国、さらに舞台...

続きを読む

公演案内

公演案内一覧へ

イベント案内

イベント案内一覧へ

  • 観る 文楽を観劇できる会場へのご案内
  • 学ぶ 文楽に関連する他のサイトのご案内
PR

PR

PR